皆様、こんにちは‼
副男です‼

今回の記事では、もはやレア物になってしまった用語説明のお話になります(笑)

いやぁ、毎回不定期で申し訳ないですね(^_^;)

でも、普段はちゃんと株の検証とかやってるのでやってるので許してください(笑)

 

スポンサーリンク

 

さてさて、今回の用語説明では『株式投資におけるトレンドライン』についてご説明をさせて頂きます‼

前回の用語説明で『株式投資におけるトレンド』についてのお話をさせて頂きましたが、今回はそのトレンドを使って更に踏み込んだ話になります。

 

 

前回のトレンドの話では上昇トレンドや下降トレンドとは何ぞやと言う話で進めて参りました。

ここで前回も登場したトレンドの下手くそな絵を登場させます(笑)

 

 

トレンドラインと言うのはまさにこのトレンドに線を引こうと言う話です

 

……そのまま過ぎますね(笑)

 

ではトレンドラインと言うのは実際にどういう役割を示すかと言うと

・もっと分かりやすく相場の動きを示すもの

であったり

・そのラインを使って投資をすること

にも使えます。

 

まずは実際に下手くそな絵にトレンドラインを引いてみましょう‼

 

 

その前にトレンドラインの定義になりますが、これも色々と説がありますが

『チャートの高値同士、または安値同士を結んだ線』

と言う考え方でいいと思います。

直近の高値を2つ、3つぐらい見つけてそれにそってまっすぐな一本線を引きます。

安値も同じ様に引きます。

下手くそな絵だとこんな感じになりました。

 

 

 

これを見るだけてチャートが上昇か下降か分かりますね。

 

そして上昇トレンド時に出る安値同士を結んだトレンドラインを『下値支持線』。

 

同じく下降トレンド時に出る高値同士を結んだトレンドラインを『上値抵抗線』。

と、それぞれ分類されます。

 

 

このそれぞれの線がどういう役割を示すかと言うと、下値抵抗線は上昇トレンドの株価がだんだん下がってきて、この下値抵抗線までいくと、株価が反転して再び上昇しやすくなり、反対に上値抵抗線は下降トレンドの株価がリバウンドして抵抗線までいくと、反落しやすい特徴があります。

 

何でそうなるかと言いますと、答えは簡単です。

 

 

『投資家の皆様がこのルールを理解しているからです』

 

 

下降トレンドのチャートで売買しようとしたとき、株価が上値抵抗線にタッチしたとき、投資家の皆様はここで反発しやすいということを知っているので

 

『あ、抵抗線に入ったから下がるかも………空売りしよ❗』

 

『あ、支持線に入ったからここから上昇するかも❗』

 

って沢山の人が思うと自然に株価は下落や上昇に向かうのです。

このようにトレンドラインは投資家の心理をうまく表している指標になるのですね。

 

もちろんこの下値支持線と上値抵抗線が確実に機能するわけではありません。

ですが、株で勝ってる方は必ずこのトレンドラインの知識を頭にいれて取引をしています。

なので仮にこのトレンドラインを使った投資法とは違う方法で取引しようとしている方も頭の片隅においておくと、株の買い時や売り時を迷わずに売買ができると思うので、どうか役立ててください‼

 

 

以上でトレンドラインについての用語説明を終わります。

ご清聴ありがとうございました‼

 

こちらに過去の用語説明の記事をまとめてありますので、復習がてらに見ていただけたら幸いです。

『副男ブログの過去の用語説明』

 

スポンサーリンク