皆様、こんばんは‼

久々の更新になりました、用語説明のコーナーになります‼

中々更新ができなくて申し訳ないですm(_ _)m
こうやって時間を見つけたらちょくちょく更新していきますので、何卒よろしくお願いいたします‼

 

【本日の用語説明】

さて、本日は移動平均線を使ったゴールデンクロスとデットクロスについて紹介していこうかと思います‼

【ゴールデンクロスとデットクロスとは?】

 

過去の記事で

『株式投資における移動平均線について』

の中で移動平均線についてざっくりお話しさせて頂いたと思いますが、今回のゴールデンクロスとデットクロスはその移動平均線を使った応用編の使い方になります。

まぁ、応用編と言っても株式投資の指標の中では王道中の王道なので、皆様も既に知ってらっしゃる方も多いとは思います。

 

【具体的にはどういうもの?】

移動平均線は大まかに分けて

5日移動平均線
25日移動平均線
75日移動平均線

の3つに別れていると言うことと

5日移動平均線は直近5日分の株価の合計➗5

25日移動平均線は直近25日分の株価の合計➗25

75日移動平均線は直近75日分の株価の合計➗75

を線で結んだものというのは説明しましたが、

 

 

75日移動平均線よりも25日移動平均線

25日移動平均線よりも5日移動平均線

の方が直近の株価を反映しやすいというのもご存知かと思われます。

 

 

すっごく極端な例をあげると株価がずーーっと一律で1000円の銘柄があったとします。

次の日に突然株価は1300円をつけました。

すると5日移動平均線は
1000❌4➕1300=5300
5300➗5=1060

25日移動平均線は
1000❌24➕1300=25300
25300➗25=1054

75日移動平均線は
1000❌74➕1300=75300
75300➗75=1004

 

になるので、5日移動平均線の方が早く上昇するのが分かりますし、仮にこのまま1300円をキープすれば移動平均線の推移は当然5日移動平均線の方が早く上に上がりますね‼

 

 

このように期間別の移動平均線によって上昇の推移の違いに着目し、

 

『25日移動平均線が75日移動平均線を下から上に突き抜けたらゴールデンクロス』

 

または

『5日移動平均線が25日移動平均線を下から上に突き抜けたらゴールデンクロス』

と言う指標が生まれたのです。

株価が上昇すれば移動平均線は上に向き、その移動平均線の上昇率の違いによってゴールデンクロスはうまれ、そしてその指標を超えることによって株価はさらに上昇の道を辿ると言われています。

下手くそな絵に表すとこんな感じですね(^_^;)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

毎回進歩しなくて申し訳ないです………( ;∀;)

 

 

そしてデットクロスとはゴールデンクロスの全く逆。

『25日移動平均線が75日移動平均線を上から下に抜けるとデットクロス』

『5日移動平均線が25日移動平均線を上から下に抜けるとデットクロス』

 

といい、株価が下落すれば移動平均線は下に向き、その移動平均線の下落率の違いによってデットクロスはうまれ、そしてその指標を超えることによって株価はさらに下落の道を辿ると言われています。

こんな感じですね。

 

 

 

 

【ゴールデンクロスにはダマシがある?】

ゴールデンクロスがチャート上で発生したのに、株価は上昇するどころか下落することも多々あります。

 

なぜかと言うとゴールデンクロスは皆が知ってる超有名な指標だと言うこと

 

そして予想がしやすい指標だと言うことです。

 

5日移動平均線が急角度で上がってきて、もうすぐ25日移動平均線を抜けると言うチャートを見つけたら、頭のいい投資家は

『ゴールデンクロスが発生すればこれを見た他の投資家が買って株価が上がるかもしれない‼

ならば、ゴールデンクロスする前に買えば、更に大きく儲けることができるのではないか』と考えることが出来るわけです。

するとゴールデンクロスが形成される前に買った投資家は、ゴールデンクロスが発生した時にはすでにかなりの額を儲けているので、利益確定のために売ります。

こういった投資家の方も多いので、ゴールデンクロスのダマシと言うものが生まれてしまったんですね(^_^;)

 

【では具体的にはどうすればいいの??】

そう言うだましを回避する方歩は中々ありませんが、やはりゴールデンクロスしたあとの上昇傾向を調べ、クロスしたあとでもまだまだ上がりそうだと思ったところで買うのも1つの手段だと思います。

後は先程申した通り、ゴールデンクロスを形成する前に株価を買っておいて、ゴールデンクロス形成後に売ると言うあえてダマシに乗ると言うのも1つと考えていいでしょう‼

 

【まとめ】

今回はゴールデンクロスとデットクロスについてお話ししましたが、超有名な指標ゆえに信頼性は高いのですが、決して確実に上がるわけではないと言うことを頭に入れておいて下さい‼

これはどの指標にも言えることなのですが、決して1つの指標のみに頼るのではなくて、色々な指標を組み合わせて投資するのが一番ベストなので、決してそこは妥協せず頑張りましょう‼

以上でもゴールデンクロスとデットクロスについての説明を終わります。

 

それではまたーー\(^_^)/

 

スポンサーリンク

 

【関連リンク】

 

こちらに過去の用語説明の記事をまとめました。

よければご覧ください‼

 

『副男ブログ過去の用語説明』

 

【お問い合わせフォーム】

副男ブログでは相互リンクも受付中‼

相互リンク、ご要望、ご希望、お叱りの言葉など何でもお気軽にご連絡下さい‼