皆様、おはようございます‼
副男です‼

 

【本日の注目銘柄】

<4098> チタン工業
10時40分現在で➕5.77%の急騰

 

【好材料内容は?】

リチウムイオン電池関連で先週の29日に➕7.41%と大きく上昇し、改めて注目を浴びました。

10月2日から順次発表されるノーベル賞ではリチウムイオン電池も化学賞の候補に上がっているので、それに関連した注目が背景にあります。

 

【どんな会社?】

酸化チタンの老舗的存在であり、高機能の超微粒子酸化チタンが主力。

リチウムイオン電池用のチタン酸リチウムを開発しました。

 

【本日ここまでの株価の推移は?】

本日は現在10時40分現在の株価は前日比➕5.77%と大きく続伸。

寄り付きから大きく➕で始まるとそこから乱高下を繰り返しながらですが、5%以上の大きな買いとなっています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

チャートで見てみると9月11日にリチウムイオン電池関連銘柄として注目されストップ高を記録すると、一時は13日に4530円の高値まで急騰。

その後はしばらく調整の下げがありましたが、再び注目され株価は上がっていました。

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると2011年の頭に5950円を記録しており、それに次ぐ高値を今月の半ばに記録している形になっております。

 

【業績からみた株価の関連性は?】

業績を見てみると過去10年間で売上高はほぼ横ばい。
営業利益、経常利益、純利益などは赤字と黒字を転々としていますが、3つともここ3年間は何とか黒字を維持している形になっています。

過去10年間のチャートと見比べてみるとやはり2011年3月に業績がいいので、やはり株価もその時に5000円台の大台を突破しているので、業績と株価は大きく関連していると思います。

 

スポンサーリンク

 

【PBRとPERからみた株価の割安度は?】

チタン工業の業種は化学でPBRが1.88、PERが71.21。
前日の終値ベースですが、化学の業種別の平均PBRが2.28で、PERが24.61と平均よりもPBRが割安、PERが大きく割高となっております。

 

【様々な指標から見た結果は?】

前日の終値時点での14日RSIは70.26%とやや買われ過ぎ。
25日移動平均線との乖離率は20.58%とかなり買われ過ぎかなと思います。

 

【まとめ】

今回はリチウムイオン電池関連が注目されたと言うような発表がありましたが、直近の目標としてはまずはやはり4000円の株価に戻すことを目指す動きになるかと思います。

9月19日~27日までおよそ7営業日連続で陰線をつけて調整はしっかりと終えたので、このあとの動きがカギを握りそうですね‼

まだまだRSIや移動平均線乖離率が高いことや、PERがかなり割高な事は気になる部分ではありますが、リチウムイオン電池用のチタン酸リチウムを開発したことによる今後の需要もかなりあるのだと思いますので、直近ではしばらく苦しい展開が待ち受けるかも知れませんが、必ず私は株価は上がると予想しています。

今後、電気自動車市場はますます成長してくるでしょうし、それにともないチタン工業の商機は増加すると私は予想します。

 

それではまたお昼に更新させて頂きます‼

それではまたー(^-^)/

 

スポンサーリンク

 

【お問い合わせフォーム】

なお、副男ブログでは相互リンクも受付中‼

相互リンク、ご要望、ご希望、お叱りの言葉など何でもお気軽にご連絡下さい‼

 

スポンサーリンク