皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

【本日の注目銘柄】

<6740> ジャパンディスプレイ
4日終値 前日比➕23.98%

 

【好材料内容は?】

4日の日本経済新聞で、ジャパンディスプレイグループであるJOLEDが、有機ELを低コストで生産できる独自方式の技術の開発にメドをつけたと報道しました。

これにより従来の約4割も安く出来ます。

19年の量産開始予定に伴い、1000億円の資金を集めるために、ソニーやキヤノンなどの国内数十社に出資の打診を始めています。

 

【どんな会社?】

日立、東芝、ソニーの事業を統合し発足した会社であり、現在は中小型液晶パネルで世界首位級を誇っています。

 

【本日の株価の推移は?】

 

本日4日の終値は円で前日比➕23.98%と大幅に急騰。

朝は寄り付きから前日終値221円に対し、250円で寄り付く急騰ぶりを見せたあと、その後も勢いは衰えず286円の高値をつけます。

後場に入り株価は上がることこそしなかったものの、高値圏で終始推移したままで取り引きを終えました。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

チャートで見てみると去年の12月に400円近い株価だったのですが、ここに来てだんだんと株価が下落してきています。
今回の報道で一気に下落基調からの脱出なるかが注目されますね‼

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると2014年の上場開始値は800円近い数字だったので、そこから右肩下がりで推移しています。

 

【業績からみた株価の関連性は?】

業績を見てみると過去10年間で売上高は順調に黒字営業ですが、営業利益や純利益は2015年辺りから大きく減益となり、ここ2年は赤字経営が続いていますね。
過去10年間のチャートと見比べてみるとやはり業績が伸びていないことが株価の右肩下がりにも繋がっているので、多少はやはり業績と株価の関連性は高いのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点での14日RSIは83.6%と本日の急騰だけでなく、9月半ばからの上昇基調の流れも一役買っています。

25日移動平均線との乖離率は➕34.8%とこちらは本日の急騰の影響ですね。

これは株価が落ち着くまで気にする必要はないでしょう。

 

【この銘柄の優待は?】

ジャパンディスプレイには株主優待制度はありません。

 

【まとめ】

今回は有機ELの低コスト化実現のメドがたったと言うような発表がありましたが、直近の目標としては今年の年初来高値である364円を目指す動きになるかと思います。

元々先月半ばから株価はリバウンド気味に上げてきているので、この発表が更なる起爆剤になればいいと思います。

RSIや移動平均線の乖離率は中々の高水準ですが、好材料の内容がとても画期的なので出資の目処も立てば、量産に向けた準備は整うので、そうなると株価への期待もどんどん高まってくるだろうと予想します。

価格を4割を押さえることのできる有機ELは今後の需要もきっと増えてくるでしょうし、これからどんどん進化していくであろう液晶パネルの最先端をいけば、上昇への道もきっとどんどん明るくなると思いますよ(#^.^#)

 

 

それではまた夜にデイトレ検証の報告をさせて頂きます‼

それではまたー(^-^)/

 

スポンサーリンク

 

【お問い合わせフォーム】

なお、副男ブログでは相互リンクも受付中‼

相互リンク、ご要望、ご希望、お叱りの言葉など何でもお気軽にご連絡下さい‼

 

スポンサーリンク