日本郵政、訪日外国人向けに荷物の一時預かりと宿泊先への配送を開始。株価への影響は?

 

皆様、おはようございます‼
副男です‼

【本日の注目銘柄】

<6178> 日本郵政
10時05分現在で➕1.11%の上昇

 

スポンサーリンク

 

【好材料内容は?】

訪日外国人が手ぶらで観光を楽しめるように、手荷物の一時預かりと宿泊先への配送サービスを郵便局で新たに開始すると発表しました。

まずは12月1日から京都中央郵便局でサービスを開始し、利用状況を見て提供地域の拡大を展開していきます。

 

【どんな会社?】

日本郵政グループ会社の親会社であり、日本郵便やゆうちょ銀行、かんぽ生命などが主体です。

 

【過去にはこんな発表も】

9月5日の記事

ドローンを活用した新たな配送サービスや人工知能による物流の効率化、日本郵便の既存のインフラを利用した新規の事業の創出などを目指すべく、事業提案の公募を開始したと発表しました。

 

9月6日の記事

日経平均株価を構成する、225銘柄の定期見直しによる変更で、日本郵便と<6098>のリクルートホールディングスを新たに225銘柄に採用し、代わりに<3865>北越紀州製紙と<6508>明電舎を除外すると発表しました。

 

【本日ここまでの株価の推移は?】

 

本日は現在10時05分現在の株価は前日比➕1.11%と小幅に上昇。

 

寄り付きから前日終値1264円に対して1627円で寄り付くとそのままじわりじわりと株価をあげている状態となっています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

半年前には1300円台だった株価が徐々に上昇していき、7月半ばには1400円台中盤にまで緩やかに上昇していました。

ところが9月頭にかけて再び1200円台にまで転落するも、その後に発表した日経225銘柄の採用により株価を大きく急騰させ、末にかけて再び1400円台中盤にまで乗せます。

しかし再度株価は下落して昨日まで1200円台と元気のない展開が続いています。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

2015年に上場を開始した時の株価は1600円台だったのですが、翌年には1999円の上場来高値を更新するところにまで大きく上昇させます。

しかしその後は数ヵ月かけて今の1200円辺りにまで下落し、そのままの推移で現在は進行しています。

 

 

【業績からみた株価の関連性は?】

 

業績を見てみると過去10年間で2014年から今期までの4年間の発表しかないですが

売上高は2014年からわずかではありますが、右肩下がりでの推移ですね。

経常利益は2014年2015年はほとんど同じ業績なのですが、2016年と2017年にはやや減益して着地しています。

純損益に関しては、2016年までの推移は上の経常利益とほとんど同じなのですが、こちらは2017年には一気に赤字に転落してしまっています。

全体的に年々業績を落としてしまっているので、今後の巻き返しに期待したいところですね‼

 

【様々な指標から見た結果は?】

 

『RSI』

前日の終値時点での14日RSIは26.8.%とかなりの低水準。

やはり9月からの200円以上の大きな下落が目立つので、数字もかなり下にまで落ちてきていますね(^_^;)

 

『移動平均線乖離率』

25日移動平均線との乖離率は➖2.4%とこちらは安全水準。

直近一週間で大きな陰線が何本かできており、それまで下落していて株価にぴったりくっついていた25日平均線を更に引き離す形になってしまっています。

 

『サイコロジカル』

サイコロジカルは25.0%とこちらもやはり低水準。

まぁ、これはパッと見ていただけたら数字の低さが一目でわかるでしょう。

圧倒的に陰線が多く目立ちます(笑)

 

スポンサーリンク

 

『移動平均線』

日足で見た移動平均線は

5日平均線が下向き
25日平均線が下向き
75日平均線が下向き

残念ながらここ数ヵ月は見事なまでの下降トレンドだと言えますね(^_^;)

下落途中に1ヶ月ほどは揉み合いの期間が続いていたのですが、直近一週間の下落によってさらに株価の空気が重くなってしまったように感じます(^_^;)

 

【まとめ】

今回は訪日外国人向けに荷物の一時預かりと宿泊先への配送サービスの開始と言うような発表がありましたが、直近の目標としてはやはり今の下降トレンド抜け出すことを目指す動きになるかと思います。

似たようなサービスは既にTOKIOがCMをやってるクロネコヤマトが始めていますが、今後の訪日外国人の増加を見るとやはり需要は相当なものになると思いますので、日本郵政もこれに参戦して厳しい業績を何とか打破してほしいところ。

そこが上向けば今後は上昇の芽がありそうですが、現在のところはいくらテクニカルな指標の数字が低くても一時的なもみあいや反発で終わりそうな気がします。

今回の発表は今後の顧客のニーズに対応できる面での業績への期待による上昇のきっかけに十分になり得るような発表であったと思うので、利用範囲とサービス店舗を増やしてどんどん展開していってほしいですね‼

 

 

また夕方にデイトレ検証報告の更新をさせて頂きます‼

それではまたー(^-^)/

 

スポンサーリンク

 

【関連リンク】

・今回紹介した【日本郵政】についての過去のニュース、記事はこちらに記載しています。

9月5日の記事

ドローンを活用した新たな配送サービスや人工知能による物流の効率化、日本郵便の既存のインフラを利用した新規の事業の創出などを目指すべく、事業提案の公募を開始したと発表しました。

 

9月6日の記事

日経平均株価を構成する、225銘柄の定期見直しによる変更で、日本郵便と<6098>のリクルートホールディングスを新たに225銘柄に採用し、代わりに<3865>北越紀州製紙と<6508>明電舎を除外すると発表しました。

 

こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:こんな記事あります

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:こんな記事書きました!

ブロトピ:記事更新!!

 

【お問い合わせフォーム】

なお、副男ブログでは相互リンクも受付中‼

相互リンク、ご要望、ご希望、お叱りの言葉など何でもお気軽にご連絡下さい‼