皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は23日に大きく急騰した

 

【1885 東亜建設工業】

 

がどんな理由で株価が上昇したのか、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<1885> 東亜建設工業】

 

23日終値2414円

 

 

【好材料内容は?】

2018年3月期の通期の業績の修正を行い、営業利益は従来の25億円から28億5000万円へ、純利益は従来の8億円から17億5000万円へそれぞれ上方修正すると発表しました。


この事が好感されて23日には前日比➕10%以上と大きく急騰させました❗

 

【どんな会社?】

海上土木が本業であり、海外にも多数展開しています。
海上土木だけでなく、陸上土木や建築にも実績を誇っています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

12月から1月末にかけて3000円を越える株価にまで上昇させていますが2月に株価を大きく急落させるとそこから揉み合いが続いていました。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

10年前は1000円台前半だった株価ですが大きく乱高下を繰り返しながらもしっかり株価を上昇させており、2015年と2017年には3000円の大台を突破しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

業績を見てみると直近数年間は売上高は横ばいですが、営業利益と純利益は2016年の業績が頭ひとつ抜けてよかったのですが翌2017年は大きく減益してしまっています。

 

上にも書きましたが今期18年3月期の通期の業績予想は

 

売上高 1576億円
(前年同期比6.1%減益)

営業利益 28億5000万円
(前年同期比54.0%減益)

純利益 17億5000万円
(前年同期は74億3800万円の赤字)

 

 

に対して今期2018年3月期第3四半期まで発表しており

 

売上高 1130億600万円
(前年同期比4.5%減益)

営業利益 33億7600万円
(前年同期比42.6%減益)

純利益 25億5600万円
(前年同期比31.2%減益)

 

となっています。

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……72.1%

 

高めの水準ですね。
急騰前は20%程しかなかったRSIですが今回の急騰で一気にここまで数字をあげてきました❗

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➕9.5%

 

こちらはやはり高めの水準。
元々はやや➖に乖離していたので一気に➕に転換した形ですね。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……33.3%

 

 こちらも低めですね。
上にも書きましたが元々の推移に全く元気がなかったので今回の急騰でも数字に大きな変化は生まれていませんね。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【上向き】

25日平均線が【上向き】

75日平均線が【下向き】

 

今回の急騰で5日と25日平均線はやや上向きましたが75日平均線の角度が変わるのはまだまだ先になりそうです。

 

【まとめ】

今回は通期の業績の上方修正と言うような発表がありましたが、直近の目標としては【下落からの逆襲】を目指す動きになるかと思います。

 


売上高に関しては主に海外での受注高が想定を下回ってしまったことで従来の1730億円から1570円に下方修正しましたが、工事の採算性が改善したことや為替差損の発生額が当初の見込みよりも改善されたことによって営業利益と純利益を大幅に上方修正しました。

 


更に期末一括配当も従来の10円から20円に増額することも合わせて発表しており、この辺も株価上昇に一役買っているものと思われます。

 


23日は日経平均が1000円近く下落してしまったのですが、そんなことはお構いなしに株価が大きく急騰し、力強さを見せつけてくれました。

 


2月半ばに株価が大きく下落してしまったのですが、どうやら原因は第三四半期の業績が大幅に減益だったことが背景にあるようですね。

 


そこから全く元気のない展開が続いていたのですが、今回その業績の上方修正の発表とあってしばらく懸念が広がっていた業績への不安が和らいだ形になって投資家に安心感が生まれたものと思われますので目先の動きには期待していいと思われます。

 


まだ少し先の話になりますが、このまま株価が上昇していって下落前の株価3000円台に戻すことになればその時には下向いていた75日平均線と上向くでしょうし、そうなると上値は軽くなってこれまでの上昇基調に戻っていくでしょう。

 


3000円を越えれば年初来高値である3245円もすぐですし、ここを越えるとすぐ先に2015年に記録した3480円も見えてきます。

 


ここを越えると過去10年間での高値を更新するので今後はそこを目指していく動きになるかと思います。

 


そこまでの株価に到達するには今期の業績だけでなく来期の業績の見通しも非常に重要になってくるので、目先の株価の動きだけでなくしっかり業績の上方もチェックするといいですね。

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連リンク】

こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村