皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は28日に大きく急騰した

 

【2666 オートウェーブ】

 

がどんな理由で株価が上昇した理由、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<2666> オートウェーブ】

 

30日終値163円

 

 

【好材料内容は?】

政府が2020年をメドにドライブレコーダーの搭載を義務化することを検討していると報道され、関連銘柄として注目を浴びました。


この事が好感されて28日には一時ストップ高を記録しています。

 

【どんな会社?】

千葉に地盤を置くカー洋品店であり、車検を軸に板金や新車販売などの総合的なサービスを展開しています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

10月末に一時220円台にまで大きく急騰させますがその後は元気のない展開が続いておりました。


今回の急騰で一時的ではありますが再び200円台をつけており、今回の思惑でどこまで株価が伸びていくかが注目されます。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

10年前までは800円台をつけている時期もあったのですがだんだんと株価が下落していき現在までの数年間は2桁から100円台前半辺りでの揉み合いが続いていました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

業績を見てみると直近数年間は売上高は緩やかではありますが年々業績を落としてしまっています。

営業利益は赤字と黒字でもみ合っている印象ですが、純利益はここ数年間は少しではありますが黒字で着地しています。

 

 

今期18年3月期の通期の業績予想は

 

売上高 78億1500万円
(前年同期比7.6%増益)

営業利益 1億1200万円
(前年同期比18.2%減益)

純利益 1億1000万円
(前年同期比32.5%減益)

 

 

に対して今期2018年3月期第3四半期まで発表しており

 

売上高 54億1900万円
(前年同期比1.2%増益)

営業利益 6400万円
(前年同期比9.5%減益)

純利益 6400億万円
(前年同期比48.4%減益)

 

 

と進捗率はあまりよくはないですが残りの第四四半期に期待したいですね‼

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……80.0%

 

かなり高めの水準ですね。
急騰前は50%台だったのですが今回で一気にここまで数字をあげてきました。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➕20.1%

 

こちらはさすがにとんでもない数字になっていますね。
急騰前はやや➖に乖離していたのですがさすがにストップ高とあって一気にここまで数字をあげてきました。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……33.3%

 

こちらは意外にも低めの水準。
急騰前はやや株価が下落気味に来ていたのでその辺が背景にありそうです。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【上向き】

25日平均線が【上向き】

75日平均線が【横ばい】

 

5日と25日平均線に関しては急騰の影響で上向きに角度を変えていますが75日平均線には大きな変化はまだないみたいです。

 

【まとめ】

今回は政府がドライブレコーダー搭載の義務化を検討していると言うような発表がありましたが、直近の目標としては【年初来高値である223円】を目指す動きになるかと思います。

 


28日にNHKが『乗用車などの自動運転の実現に向けて、政府は法整備の大綱案を取りまとめ、今年夏をメドに自動運転の車に必要な装備のガイドラインを策定するほか、ドライブレコーダーなどの搭載の義務化を検討する』と報道したことによって、関連銘柄として注目を浴びました。

 


今はCMなどでもどんどん自動運転の車が登場したりと近未来化が進んでいる一方で、やはり自動運転になったときに事故等が発生したときなど用にドライブレコーダーが必須になってくるのでしょうね。

 


仮にこの法案が可決されてドライブレコーダーの搭載が義務化すればオートウェーブだけでなく、他の販売や製造の関連の銘柄はとんでもない株価になる事は間違いないと思います。

 


業績も計り知れないほどの利益になりそうですよね。


その辺の期待から28日に大きく株価を急騰させましたが翌日からは大きな反落はないものの株価の上昇もストップした印象が持たれます。

 


ただ反落もしていない分、月曜日から再び期待感が先行して株価が大きく伸びてくる可能性も十分にあり得ますし、逆に株価が伸びなかった分、持ってる株式を売る動きになって大きく反落してしまう可能性も否定できません。

 


なので買うにせよ売るにせよ油断は禁物ですが、1つ言えることはまだ法案の可能性を示唆しただけであって期待感のみで株価が上がっていると言うことです。

 


今後法案が議論されて可決する可能性は大いにあるものの、株価の本格的な上昇はまだその先なのではないでしょうか?

 


なので私の予想ですがやはりこのまま短期的に株価の上昇する可能性よりも今は利益確定の売りで反落していく可能性の方が高いも見ていますが、長期的に見て大きく株価が大化けする可能性があることは間違いない今回の発表なのではないかと思います。

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連リンク】

こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村