皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は3日から大きく急落している

 

【2884 ヨシムラ・フード・ホールディングス】

 

がどんな理由で株価が下落した理由、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<2884> ヨシムラ・フード・ホールディングス】

 

6日終値1199円

 

 

【悪材料内容は?】

2018年2月期の通期の業績予想の修正を行い、営業利益を従来の6億4800万円から4億8600万円へ下方修正することを発表しました。


これまでは前年同期を増益で着地する予想だったのですが一転減益に転じてしまうことから懸念が生まれて3日から大きく株価を急落させています。

 

【どんな会社?】

傘下に食品卸、中華、冷食、清酒、水産加工など様々な中小食品企業をM&Aしています。

【過去にはこんな発表も】

 

1月21日の記事

1月31日現在の株主を対象に1→5の株式分割を実施すると発表しました。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

半年前の3桁の推移から1月頭には一時2000円を越えるところまで急騰させますが、そこから株価は一気に元気をなくし、今回の急落で一気に1100円台にまで株価を落としてしまいました。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

2016年に上場したときの株価は1300円台だったのですが、こちらもきれいな右肩上がりで推移しており、2年経たずして数倍にまで大きく上昇させています

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

業績を見てみると直近数年間は、売上高と営業利益はしっかり右肩上がりで推移していますが、純利益のみ2016年の業績にたいして2017年は減益で着地しています。

 

 

今期18年2月期の通期の業績予想は

 

売上高 200億3500万円
(前年同期比23.4%増益)

営業利益 4億8600万円
(前年同期比1.4%減益)

純利益 5億1600万円
(前年同期比46.0%増益)

 

 

に対して今期2018年2月期第3四半期まで発表しており

 

売上高 150億1800万円
(前年同期比29.4%増益)

営業利益 4億8600万円
(前年同期比20.8%減益)

純利益 4億2900万円
(前年同期比63.2%増益)

 

と進捗率はかなりいいですが、営業利益が修正した分やはり怖さは残りますね(^_^;)

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……39.4%

 

低めの水準ですね。
急落の影響ももちろんありますが、それまでの株価に元気がなかったので全体的に低めになっています。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➖13.7%

 

こちらは大きく下に乖離していますね。
3日からの大きな急落の影響が顕著に出ています。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……58.3%

 

こちらは意外にも高めに感じます。
ただ全体的に下落基調な事には変わりないのでこれ以上数字が上がっていくことは滅多にないと見ていいでしょう。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【下向き】

25日平均線が【下向き】

75日平均線が【横ばい】

75日平均線に関しては意外にも横ばいに推移していますが、緩やかに下落し始めているのでそろそろ反発していかないと完全に下向いてしまう恐れがあります。

 

【まとめ】

今回は通期の営業利益予想の大幅減益に修正と言うような発表がありましたが、直近の目標としては【一日も早いリバウンド】を目指す動きになるかと思います。

 


今回の下方修正の背景としては、M&Aが年度後半に集中したことから、取得費用等合わせて8300万円発生したことや、主要子会社である楽陽食品で原材料の高騰による材料費の増加や労務費および運送費用が想定以上に発生したことなどがあげられます。

 


昨日の記事では<2809>のキューピーが決算を発表し、増益ながら進捗率が悪かったことで株価が急落したと言うことでしたが、この記事で私は『業績の下方修正はまだ行っていないということでまだ上昇の芽はある』といいましたが、今回のヨシムラ・フード・ホールディングスは下方修正をしてしまったので、株価の下落は避けられない状態になってしまいましたね。


しかも習性幅が大きく、増益予想が一転して減益予想に変わってしまったと言うことで投資家の懸念の大きさが今回の急落に現れていると思っています。

 


2日の終値は1500円台だったのですが、その日の取引終了後に発表して翌日からわずか4日で400円近く株価を落とすかなり厳しい結果になってしまっていますね。

 


半年前からすごい勢いで株価を上昇していただけに、一度売りの勢力が強くなると一転して大きな下落になっているなどなにかと乱高下の激しい展開となっています。

 


本日6日は株価の下がりすぎにより一時的に反発していますが、本決算に向けての懸念が広がっている以上はしばらくは元気のない展開が続きそうですね。

 


長期的に見た株価の推移ですが、こちらはやはり本決算後の来期の業績予想でどこまで予想するによるかと思います。

 


しかし修正したのが今期の本決算の直前であることから、来期の業績もあまり期待はできないのではないかと思っています。

 


私の予想ですが、厳しい言い方ですが短期的にも長期的にも株価の上昇は厳しいものではないかと予想しています。

 


何かこの下落の流れを一気に吹き飛ばすような業績の予想やM&Aがあればいいですね!

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連リンク】

・今回紹介した【ヨシムラ・フード・ホールディングス】についての過去のニュース、記事はこちらに記載しています。

1月21日の記事

1月31日現在の株主を対象に1→5の株式分割を実施すると発表しました。

 

こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村