皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は22日に大きく急騰した

 

【4022  ラサ工業】

 

がどんな理由で株価が上昇した理由、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<4022> ラサ工業】

 

25日終値2259円

 

 

【好材料内容は?】

高純度黒リンの量産技術を確立したと報道され注目を集めました。

この事が好感されて22日にはストップ高を記録しました。

 

【どんな会社?】

半導体などのリン酸が主力であり、起源は1907年に沖縄ラサ島でのリン鉱脈の発見とされています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

半年前までは2600円台だった株価ですがここまできれいに右肩下がりで推移しており急騰前までは1100円台にまで大きく値下がってしまっていました。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

数年前の3桁での推移から比べると大きく上昇していますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

今期19年3月期の通期の業績予想は

 

売上高 320億円(前年同期比16.7%増益)

営業利益 28億円
(前年同期比1.5%減益)

 

純利益 23億円
(前年同期比2.2%増益)

 

 

に対して今期2019年3月期第3四半期まで発表しており

 

売上高 230億4200万円
(前年同期比15.1%増益)

 

営業利益 16億6800万円
(前年同期比15.0%減益)

 

純利益 15億4800万円
(前年同期比3.1%増益)

 

 

と進捗率はまずまずといったところで残りの第四四半期で通期予想を超過するかどうかが注目されます。

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……84.6%

 

かなり高い数字ですね。
2日連続で急騰した影響で一気に数字をあげてきました。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➕55.1%

 

こちらはとんでもない数字になっていますね。
株価はまだ落ち着く気配はないですが急な反落には注意が必要ですね。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……50.0%

 

こちらはちょうど半々ですね。
急騰したとはいえ2日間だけなのでここの数字に大きな影響は与えていません。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【上向き】

25日平均線が【上向き】

75日平均線が【横ばい】

 

 

75日平均線もそれまでは下向きだったのですが一気に角度を変えてきました。

 

【まとめ】

今回は高純度黒リンの量産技術を確立したと言うような発表がありましたが、直近の目標としては【黒リンの量産の開始】を目指す動きになるかと思います。

 


報道によれば

【ラサ工業は、高純度黒リンの量産技術を確立した。高い安全性を持ち、二次電池の容量を5~7倍にする次世代負極材やグラフェンに次ぐ二次元半導体原料として事業化を目指す。CVD(化学的気相合成)法をもとに、独自技術により世界で初めて1バッチ100グラム以上の生産量を実現。
工業化に向けたスケールアップのめどもつけた。
粉末、単結晶での提供に対応する。現在サンプルワーク中で、一貫生産による長期安定供給も訴求する。
触媒や医療を含めて広く用途・企業探索を進め、黄リン、赤リンに次ぐ第3のリン材料として長期育成を図る。】


としています。

 


株価自体は先週末の22日にはストップ高を記録し、週明けの25日もしっかり続伸しているなど買いの勢いは週を跨いでも継続していると言えますね。

 


赤リン、黄リンにつぐ第3のリン資源として注目されていた黒リンの量産技術の確立とあって今後の収益に対する期待が大きく膨らんでいますね。

 


電子デバイスなどのエレクトロニクスの材料に使われる黒リンですので今後も需要は確実にあるでしょうし、量産が開始されれば大きな収益は期待できるでしょう。


もちろん今回の株価の急騰もその期待を見越しての上昇なのですが、この上昇がしばらく続くと言われるとそうではないと見ています。

 


やはり技術の確立したと言うことのみの報道でありまだ具体的な量産の開始の時期や業績への反映はまだ未定であることから株価は一旦落ち着くでしょう。

 


ここまでストップ高を記録するなど大きく上昇したかぶかですのでどこかで利敵確定の売りが出て、大きく反落することは間違いないと思うのでここで飛び付かないように注意が必要ですね。

 


それでも今後は今の業績よりももっと高い数字での推移になる確率は非常に高いので今後は株価の動きだけでなく黒リン事業の背景にも是非とも注目していきたいですね。

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連リンク】


こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村