皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は5日から大きく急騰している

【4676 フジ・メディア・ホールディングス】

がどんな理由で株価が上昇したのか、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

スポンサーリンク

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<4676> フジ・メディア・ホールディングス】

 

9日終値1950円

 

 

【好材料内容は?】

2018年3月期第三四半期の決算を発表し、売上高は4798億200万円で前年同期比1.8%減益、営業利益は202億2200万円で前年同期比0.1%増益、純利益は190億8100万円で前年同期比15.4%減益だったと発表し冴えない結果だったものの、通期の業績に対する進捗率が高いことを評価されました。

 

特に営業利益の進捗率は86.1%とかなり高い数字が評価され、5日から日経平均の大暴落があった中でしっかり株価を伸ばしています

 

【どんな会社?】

言わずと知れたフジテレビを放映しており、現在は若年層は強いですが視聴率自体は低迷している模様。

 

なお、現在は音楽や通販、不動産など多角経営を展開しています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

半年前までは1600円台だった株価ですが、緩やかではあるもののしっかり右肩上がりで株価を上昇させ、現在の株価にまで成長させています。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

10年前も1600円台での推移だったのですが、下落してしまい数年間は1400円台から1000円台でのもみ合いが続いていましたが、2013年に株価が上昇し一時は2300円まで上げてきていました。
しかし上昇は長くは続かず緩やかに下落していくと2016年には再び1000円台にまで下落。

 

現在はそのリバウンドの途中といったところでしょうか?

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

業績を見てみると直近数年間は売上高は横ばい、営業利益は右肩下がりで落としているものの、純利益はしっかり右肩上がりで推移しています。

 

今期18年月期の通期の業績予想は

 

売上高 6446億円
(前年同期比1.4%減益)

営業利益 235億円
(前年同期比5.3%増益)

純利益 213億円
(前年同期比22.3%減益)

 

 

に対して上にも書きましたが今期2018年3月期第3四半期まで発表しており

売上高 4798億200万円
(前年同期比1.8%減益)

営業利益 202億2200万円
(前年同期比0.1%増益)

純利益 190億8100万円
(前年同期比15.4%減益)

 

と進捗率はかなりよく、今回はその点が評価され株価が大きく上昇しました。

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……71.4%

 

高めの水準で売りサインが出ています。

 

5日から元気よく株価が上昇していますが、それまでのRSIの数字が低かったので、今回の上昇でもそこまで大袈裟な数字になっていませんね。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➕6.7%

 

こちらはやや高めながら意外にも安全水準。

株価の上昇率は高いのですが、25日平均線も急角度で上向きに推移していることが背景にありそうですね。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……66.6%

 

こちらも高めながらもギリギリ安全水準。

9日は反落してしまったもののそれまでは5日連続で株価が上昇していたのですが、やはりそれまでのサイコロジカルの数字が低かったのが背景にありそうですね。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【上向き】

25日平均線が【上向き】

75日平均線が【上向き】

 

文句なしの上昇トレンドです。
ここ数ヵ月はしっかり右肩上がりで株価が推移しているので移動平均線もきれいな上向きです。

 

【まとめ】

今回は第三四半期決算の好進捗率が評価されたと言うような発表がありましたが、直近の目標としては【年初来高値を更新しているのでどんどん上】を目指す動きになるかと思います。

 

なお、今回の発表での通期予想はそのまま据え置きで、本決算に向けてどこまで業績を伸ばすことが出来るかが今後の焦点になりそうですね‼

 

営業利益自体がここ数年右肩下がりで推移していただけに通期予想である235億円からで前年同期比5.3%増益と久々の増益着地が期待されていますね。

 

 

第三四半期が終わった時点で86.1%とかなり高いので、恐らくこのままいけば営業利益に関しては増益して着地するでしょう。

 

 

6日に日経平均の大暴落があった日もしっかり株価が上昇しているなど力強さは目立ちました‼

 

 

視聴率が落ちている現状ですが、やはり現代において『ネットフリックス』などの動画配信サイトや『YouTube』な
どがどんどん広がっている世の中においてフジテレビが悪いわけではなくて、世間的にテレビ離れが著しくなっていると言う現状がありますね。

 

 

今期の業績に関して、営業利益はこれまで好調に推移しているものの、売上高は減益と元気がありません。

 

 

背景にはリオデジャネイロ五輪の反動で広告収入が落ち込んでしまったことが挙げられているとの見方があります

 

 

しかし幸いにも9日から平昌五輪が始まりましたね‼

 

 

これはタイミング的にもいいのではないでしょうか?

残る本決算に向けて業績がどこまで反映されるか分かりませんが、五輪の人気は不動なものだと思うので売上高の推移にも是非とも期待したいところです。

 

 

ただ五輪自体が長期的に行われるものではないので、一時的に業績が上がっても放送事業の不振脱却に繋がるかと言われるとそうではないと思います。

 

 

やはり深刻なテレビ離れが今後も相当痛手になってくるでしょうね。

 

 

私の今後の予想ですが、短期的には平昌五輪の影響で株価は安心できるかと思われますが、長期的に見ると株価の上昇は厳しいものだと予想します

 

 

都市開発などの不動産事業も手掛けているフジ・メディア・ホールディングスなので、今後も放送事業だけでなく、幅広い分野での活躍が光れば業績、そして株価の上昇も見えてくるのではないでしょうか?

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連リンク】

こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村