皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は14日に大きく急落した

 

【1766 東建コーポレーション】

 

がどんな理由で株価が下落したのか、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

スポンサーリンク

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<1766> 東建コーポレーション】

 

15日終値10720円

 

 

【悪材料内容は?】

2018年4月期第三四半期の決算を発表し、業績は好調だったものの、建設事業の総受注高が前年同期比2.2%減だったと発表しました。


この事が嫌気されて14日には前日比➖10%近く急落しました。

 

【どんな会社?】

地主に賃貸住宅経営提案をし施工から管理、さらに仲介までを一貫して行っています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

12月時点では15000円台にまで株価を上昇させていたのですが、同月半ばに大きく急落するとそこから現在まで元気のない展開が続いていますね。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

月足チャートはきれいな右肩上がりを形成しています。

10年前の2000円台での株価から現在まで5倍以上にまで数字を伸ばしています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

業績を見てみると直近数年間は売上高、営業利益、純利益ともにしっかり右肩上がりでの推移を続けており、特に前期2017年の業績は大きく増益して着地しているなどまだまだ成長が期待されていますね。

 

今期18年4月期の通期の業績予想は

 

売上高 3296億7600万円
(前年同期比8.0%増益)

営業利益 197億3300万円
(前年同期比6.7%増益)

純利益 136億8700万円
(前年同期比5.0%増益)

 

 

に対して今期2018年4月期第3四半期まで発表しており

 

売上高 2425億3700万円
(前年同期比9.0%増益)

営業利益 148億6400万円
(前年同期比13.7%増益)

純利益 102億5300万円
(前年同期比15.3%増益)

 

 

と進捗率はまずまずですが、本決算への不安が多少残る今回の発表になりましたね(^_^;)

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……29.0%

 

かなりの低水準ですね。
前日の急落はもちろんなのですが、それまでも元気のない推移が続いていたので数字も低めに押さえられています。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➖8.0%

 

こちらも大きくしたに乖離していますね。
25日平均線もしっかり下向きなのですがやはり前日の急落が効いているみたいです。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……33.3%

 

こちらも低水準。
一目チャートを見ただけでも株価は下落基調にあるので数字も高いはずがありませんね。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【下向き】

25日平均線が【下向き】

75日平均線が【下向き】

 

 

完全なる下降トレンドです。
このトレンドを上昇へ転換させようと思うとかなりの株価の上昇と日数が必要になりそうですね。

 

【まとめ】

今回は受注高が前年同期と比べて減少してしまったと言うような発表がありましたが、直近の目標としては【下落基調からの脱却】を目指す動きになるかと思います。

 


業績自体はよく、背景には期初の受注残高が豊富に残っていたことから完成工事高が増加したり、不動産賃貸事業では管理物件数の増加にともなった入居者からの家賃収入や、管理料収入が増加したことなどが挙げられます。

 


しかし一方で金融機関の賃貸建物に対する建設資金の融資姿勢が厳しいことから受注高が減少してしまったと言う背景もあります。

 


決算自体は決して悪くはなかったのですが、やはり受注高が減少してしまったことによる今後への懸念が上回った形になりましたね。

 


ちなみにですがチャートで見たときに12月の半ばにも大きく下落してしまっていますが、これも決算関係です。

 


この時も業績自体は決して悪くはないのですが材料の出尽くしによって下落したものと思われ、今回の下落も似たようなもので通期の業績の上方修正もなく据え置いたことから株価が下落してしまったことも要因の1つにありそうですね。

 


それまではしっかり株価は上昇していたのですが12月の下落から一気に元気がなくなってしまい、10000円を切る動きに向かってしまっています。

 


大きく急落した翌日の15日はある程度反発していますが『業績はよかったけど今後への不安』と言う12月と全く同じ感じの決算発表に終わってしまったので反発は一時的なものと見ていいと思います。

 


通期の上方修正もなかったので残りの第四四半期もそこまで期待はできないですが仮に大きなサプライズがあれば株価は上がってくると思うのでそこを願うばかりです。

 


私の予想ですがやはりしばらくは元気のない展開が続くと思っています。更に
10000円を切ってしまうと更に下げの勢いが加速するだろうと思っています。

 


何とか本決算で巻き返してもらって私のこの予想が大きく外れることを願うばかりです。

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連リンク】

こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村