皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は16日に大きく急騰した

 

【2303 ドーン】

 

がどんな理由で株価が上昇したのか、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<2303> ドーン】

 

16日終値1479円

 

 

【好材料内容は?】

商用ドローンが今夏に解禁されるとの報道が出たことにより関連銘柄として注目を浴びました。


この事が好感されて16日にはストップ高を記録しています。

 

【どんな会社?】

地理情報システム構築ソフト『ジオベース』をリソースとしたソフト受託開発などを展開しています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

半年前に一時1600円手前まで上昇するものの、そこから元気のない展開が続いて1100円台まで株価を落としていました。


しかし今回の急騰で一気に1400円台後半まで伸ばしています。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

10年前は二桁の株価だったのですが2016年に株価が爆発して一気に4000円台にまで上昇させます‼


しかしそこからは大きな上昇なく、緩やかに下落していっていますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

業績を見てみると直近数年間は売上高は横ばいですが直近2年間でやや業績を伸ばしている印象。
営業利益と純利益は株価が急騰した2016年度に大きく増益して着地していますね。

 

 

今期18年5月期の通期の業績予想は

 

売上高 8億3000万円
(前年同期比5.3%増益)

営業利益 1億5000万円
(前年同期比20.0%)

純利益 1億400万円
(前年同期比16.9%増益)

 

 

に対して今期2018年5月期第2四半期まで発表しており

 

売上高 2億7300万円
(前年同期比3.6%減益)

営業利益 ➖400万円
(前年同期は700万円の黒字)

純利益 ➖200万円
(前年同期は700万円の黒字)

 

 

と進捗率はかなり悪く残りの下半期に期待したいですね。

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……80.1%

 

かなり高めの水準ですね。
急騰前は50%程だったのですが、今回の急騰で一気に数字をあげてきました。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➕26.5%

 

こちらはさすがにストップ高ならではの数字になっています。
元々乖離はあまりなかったので、丁度16日の株価上昇分乖離率も上がった感じですね。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……58.3%

 

こちらは安全水準ですね。
元々の推移があまりよくなかったので一日だけの急騰では数字に大きな影響は出ていない模様です。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【上向き】

25日平均線が【上向き】

75日平均線が【下向き】

 

5日と25日平均線は直近の株価上昇の影響を受けて上向きに角度を変えていますが、75日平均線に関してはまだ急騰による反映はされていないですね。

 

【まとめ】

今回は商用ドローンの解禁報道で関連銘柄として注目と言うような発表がありましたが、直近の目標としては【直近高値である1588円】を目指す動きになるかと思います。


現在は人の目が届かなくなる場所での飛行は原則的に禁止としていますが、今回の解禁報道では離島や山間部で荷物を運べるようにするほかに、国土交通省は2020年以降の都市部での本格解禁を目指しているとも報道されました。

 


今後解禁となれば荷物配送やインフラ管理、測量などの企業のニーズは高いとされています。

 


ついにドローンの商用化が本格的に動き出しそうですね。


まずはあまり人気のないところで実験的に導入してみて問題や課題を1つ1つ潰していくことから始まっていきそうです。

 


荷物配送などはどのような形で行われるかは私は正直想像がつかないですが、2020年にはそこらでドローンが飛んでいると言った未来になるのでしょうかね(^_^;)

 


国土交通省もそこを目指してやっていくのでしょうし、確かに商用化されれば至る所でのニーズはあると思われます。

 


なので長期的な目線で見た場合にはドーンをはじめとしたドローンの関連銘柄は今後どんどん上がっていくのではないかと言う予想は立てれそうです。

 


問題は目先の動きですね。


まだ一部の報道でそういう話があがっただけなのでドーンと言う企業自体が何か発表した訳ではないことや、ドローンが商用化されても業績への反映はまだまだ先であることなどを踏まえると、今回は今後への期待によって上がった株価の一時的な調整の下落はあるものだと言うことを頭に入れておいた方がいいかもしれませんね。

 


ただ今よりもっとドローンの存在が身近に感じられる頃には2016年につけた4000円台の株価を余裕で越えるぐらいにまで大きく化けている可能性が今後ありそうですね。

 


そこら中でドローンが飛んでいる近未来に私のようなおじさんがついていけるか心配です(笑)

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連リンク】

こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村