皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は19日に大きく急騰した

 

【3782 ディー・ディー・エス】

 

がどんな理由で株価が上昇したのか、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<3782> ディー・ディー・エス】

 

20日終値646円

 

 

【好材料内容は?】

指紋を高解像度で撮影することで得られる第三次特徴を利用する新しい解析アルゴリズムの開発に成功したと発表しました。


この事が好感されて19日にはストップ高を記録しました❗

 

【どんな会社?】

指紋などの生体認証ソフト・装置の開発会社であり、ライセンス事業も現在拡大中です。

【過去にはこんな発表も】

12月10日の記事

スマートフォンなどのネットワーク端末を用いてオンラインによる対面認証サービスを実現する『どこでも本人確認』のサービス提供を発表しました。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

高いところでは770円台をつけており、安いところでは500円台を切る直前と何かと大きく乱高下の激しい銘柄となっていますね。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

2013年と2014年、そして2017年に一時的に1000円を突破するほどの大きな急騰があるもののそれ以外はほとんど3桁での推移がずっと続いていますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

業績を見てみると直近数年間は売上高、営業利益、純利益ともに元気のない業績が続いており、特に営業利益と純利益は赤字での推移が続いています。
2016年には一時黒字に浮上するものの翌年には再び赤字に転落してしまっています。

 

今期18年月期の通期の業績予想は非開示となっており、2月に発表している前期2017年の本決算は

 

売上高 7億9000万円
(前年同期比33.9%減益)

営業利益 ➖2億3300万円
(前年同期は5900万円の黒字)

純利益 2億1500万円
(前年同期は7400万円の黒字)

 

 

と業績が厳しいことに加えて今期の業績予想を立てていないことが懸念されていますね。

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……46.2%

 

安全水準ですね。
急騰した翌日は反落してしまったので数字も一日でかなり落ちてきています。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➕7.6%

 

高めながらも安全水準。
急騰時は➕18%台だったのですが本日の反落で一気にここまで数字が落ちました。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……50.0%

 

こちらは半々です。
急騰前から何かと乱高下の激しい銘柄なのでサイコロジカルの数字も高すぎず低すぎずといったところになっています。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【上向き】

25日平均線が【上向き】

75日平均線が【横ばい】

 

25日と75日平均線に関しては詳しい日でいうと2月頭ぐらいから株価が上昇してきているので上向きに推移しています。
75日平均線は横ばいとしていますがほぼ上向きといってもいいかもしれませんね。

 

【まとめ】

今回は指紋を高解像度で撮影し、新たなアルゴリズムの開発に成功したと言うような発表がありましたが、直近の目標としては【直近高値である773円】を目指す動きになるかと思います。

 


今回は東京大学大学院情報学環セキュア情報化社会研究寄与講座グループと共同で行ったもので、このアルゴリズムの開発により従来では難しかった皮膚の微細構造による解析により、指紋から本人性を抽出し、生体認証分野で認識率の高い個人認証方法を確立したとしており、今後は本手法を用いた指紋認証方式をスマートフォンメーカーなどへ展開していくとしています。

 


以前のこのブログの記事でコインチェックの流出問題で情報セキュリティーが重要視される的な話はさせていただきましたが、指紋認証を含めた本人認証も立派な情報セキュリティーの関連として今後はどんどん注目されていくでしょうし、近い将来はスマートフォンはもちろん身近な所の至る所で指紋認証は活躍するとおもうので、今回の発表は今後に向けた大きな期待になりそうですね‼

 


19日のストップ高がその証拠ですし、翌日は日経平均の売りの流れに押されてやや反落してしまいましたが過熱感がまだ残っていれば明日からもまた上昇する可能性は残されていると思っています。

 


ただ半年間で700円台から500円台へ上下している乱高下の激しい銘柄ではあるので株価が落ち着いた頃に急激な下落があることは頭に入れておいた方がいいと思います。

 


更に今回は新しいアルゴリズムを開発したと言うことの発表であり、様々な商品への提案や展開はまだ先になると思います。

 


そうなると業績への反映も更に先になってしまうので、今後への期待によって上昇している今の株価も恐らく長くは続かないと思っています。

 


本格的な上昇はまだ先ですね。


それでも今後本格的に株価が上昇していく可能性は充分に感じられる今回の発表なので、目先の荒い動きはあるものの長期的に見ると大きく化ける可能性がある銘柄なのではないでしょうか?

 


今後もディー・ディー・エスを含めたセキュリティー関連の銘柄に期待したいですね‼

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連リンク】

・今回紹介した【ディー・ディー・エス】についての過去のニュース、記事はこちらに記載しています。

12月10日の記事

スマートフォンなどのネットワーク端末を用いてオンラインによる対面認証サービスを実現する『どこでも本人確認』のサービス提供を発表しました。

 

こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村