皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は9日に大きく急落した

 

【9861 吉野家ホールディングス】

 

がどんな理由で株価が下落した理由、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<9861> 吉野家ホールディングス】

 

11日終値1803円

 

 

【悪材料内容は?】

2019年2月期第四半期の決算を発表し、売上高は497億9400万円で前年同期比2.7%増益、営業利益は1億7800万円の赤字、純利益は3億8800万円の赤字だったとそれぞれ発表しました。


営業利益と純利益は前年同月は黒字だったことから赤字転落への嫌気から株価は大きく値下がりしました。

 

【どんな会社?】

言わずと知れた国内2位を誇る牛丼屋の老舗であり、『吉野家』を全国に展開しています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

 

急落前は平均して2000円は越えていたのですが、今回の急落で一気に2000円を下回る下落となってしまいました。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

 

月足で見て見るとしっかり右肩上がりでここまで来ていますね‼

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

今期19年2月期の通期の業績予想は

 

売上高 2110億円
(前年同期比6.3%増益)

営業利益 41億円
(前年同期比2.0%増益)

純利益 17億円
(前年同期比14.0%増益)

 

 

に対して上にも書きましたが今期2019年2月期第1四半期まで発表しており

 

売上高 497億9400万円(前年同期比2.7%増益)

営業利益 1億7800万円
(前年同期は7億4800万円の黒字)

純利益 3億8800万円
(前年同期は4億1900万円の黒字)

 

 

と進捗率はかなり悪い上に大幅な赤字転落となっているので何とか浮上のきっかけが欲しいですね。

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……16.8%

 

かなり低い数字ですね。
今回の大きな急落で一気に過熱感が失われたのがわかります。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➖15.9%

 

こちらも急落銘柄らしい大きな下乖離になっていますね。
自律的な反発があるかもしれないですね。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……41.6%

 

こちらは高くもなく低くもなくと言った数字です。
急落前はやや下落ぎみだったために今の数字に落ち着いていると言ったところでしょうか?

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【下向き】

25日平均線が【下向き】

75日平均線が【下向き】

 

 

75日平均線に関してはここ数日のやや下落に加えて今回の急落なので一気に角度を下向きに変えてしまいましたね。

 

【まとめ】

今回は第一四半期の業績が大幅な赤字転落と言うような発表がありましたが、直近の目標としては【大きく開けてしまった窓を埋めること】を目指す動きになるかと思います。

 


今回の業績不振の原因としては、売上高に関しては『はなまるうどん』との共用の割引券など季節限定のキャンペーンが好評だった事に加えて、『新味豚丼』や『鶏すき丼』などの新製品が好調に推移したことから増収を確保しましたが、米国産牛肉などの原材料価格が上昇したことや、人件費などのコストが増えたことから今回の収益の悪化に繋がったとしています。

 


株価自体は今回の急騰で大きく窓を開けて下落してしまい、翌日はやや盛り返しましたがその翌日は再び下落してしまい年初来安値を記録してしまうなど厳しい戦いが続いていますね。

 


業績だけみると非常に厳しいところはありますが、幸いなのが企業が通期の業績予想の下方修正を行っていないことからまだ回復の余地はあるかなと思わされますね。

 


ただ前年同期と比べての大幅な赤字転落と数字だけを見れば今後上がってくる可能性が見えないと言うこともたしかにあります。

 


人件費はともかく主原料である牛肉の価格が上昇したことは吉野家にとってかなり大きな痛手になっていることは間違いないので、吉野家がどうというよりもこの牛肉の価格上昇をどうにかしないことには吉野家ホールディングスの業績も上がっては来ないですし、そうなると株価の上昇も厳しいものになるでしょうね。

 


それでも牛丼が厳しくても新商品に豚丼や鶏を使用したりと何とかこの業績不振を脱却しようと頑張っていただいている姿は見受けられるので、現状は厳しくても牛肉の価格が落ち着けばまた業績も戻ってくるのではないかと私は見ています。

 


今は積極的に買う場面ではないかなと思いますが、長期的に見るとしっかり右肩上がりで株価が推移している優良銘柄なことは確かなので今後も是非頑張って欲しいですね‼

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【関連リンク】


こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村